七面山 妙善寺

 当山のおこりは延宝八年(1680年)、尾張藩第二代、徳川光友公の腫物平癒のため、尾張茶屋家二代目、茶屋長以が自ら七面女神像を刻し、妙行院日行(情妙寺第三世)がご祈祷を致しました。平癒の後、光友公はこの話を聞いて長以の至誠を感じ、神像を城中に迎え拝しました。長以はこの女神像を賜わり、これを末森山に奉祀しました。
その後元禄六年(1693年)に松原の控屋敷を挙げて寺地として七面宮を建立し、末森山から女神像を奉遷したい旨を発願して光友公に願い出たところ、元禄九年(1696年)にお堂は落成して女神像は遷宮されました。
*松原の控屋敷とは、寛文四年(1664年)に光友公が橘町と命名された現在地のことです。
 尾張の国の安全第一を祈祷する一寺となり、愛知郡岩作村(現長久手町)の荒れた千手山妙禅寺をこの地におろし、七面山妙善寺と改名し、京都大本山妙顕寺第十八世中道院日春上人を迎えて開山としました。
 元禄十三年(1700年)九月一日に光友公自筆の「七面宮」の額を賜わりこれを神前に掲げました。以来一万巻の陀羅尼品を修して国の安全を祈祷。旧藩時代から名古屋の名刹でありました。
 おしくも昭和二十年三月の空襲で、山門・摩利支天堂を残して、諸堂は悉く焼失。しかし、長以の刻した女神像は無事に、火中からお出しすることが出来ました。
 当山第二十一世、慈法院日啓上人は昭和二十九年に先住職より御神像を受け継ぎ、焼け残った摩利支天堂を旧七面堂の跡に移し、裏側に内陣一棟を増築して現在の七面堂とし、昭和三十六年十一月に大本山妙顕寺貫主、本覚院日眞上人が大導師となって落慶法要が行われ、現在に至ります。

寺院情報


本堂(七面堂)正面
本堂内 徳川光友公自筆の額

御滝(水行場)※現在は止まっています。






















故三代目中村翫雀の墓碑 当山参道

寺の特色

毎月9日
   七面大明神御祭禮
3月9日
   大黒祭
7月9日
   盂蘭盆施餓鬼会
11月9日
   宗祖日蓮大聖人御報恩会式
土用の丑の日
 焙烙(ほうろく)加持
※3・7・11月は午前中に七面大明神御祭禮
 
※七面大明神のご開帳は御祭禮中のみです。

お問い合わせ

サンプル画像

 七面山 妙善寺 (しちめんさん みょうぜんじ)
 〒460-0016 名古屋市中区橘1-17-15
 住 職  永田亮遠
 修 徒  永田啓亮
 電 話  052-321-0740
 交 通  地下鉄上前津駅 6番出口から徒歩10分 本町通沿い

寺院一覧に戻る          トップページに戻る