日光山 最経寺

当山の創設は、昭和六年の前住職野村友教上人が法華経の教化に浴し、その尊さに触れ、御題目の信仰に入信したのに始まります。法華経の功徳を身をもって体験された野村上人は、各家庭の悩みごとを聞きながら有縁の人々にこの法華経の教えをすすめられました。
昭和十年には、屋敷の床の間に御本尊をかけ御宝前とし、布教の拠点として精進をされました。その努力が実を結び、次第に信仰者も増え、それを機にそれまで指導を受けていた本遠寺第三十八世池龍院日華上人(伊藤友清上人)について出家得度に至りました。その数十年にわたる修行のなかで、法華経守護の最上位経王大菩薩(最上稲荷大明神)を感得し、昭和十八年に師範上人を担任とする「最上結社」が誕生しました。
しかし、太平洋戦争の空襲により、家屋は全焼し、それ以後は、屋敷裏の洞窟内に御宝前をまつり、信徒と共に信仰に励みました。やがて、信徒の中から三宝様、最上様をおまつりした本堂を建立しようとの気運が高まり、信徒一丸となり寄付を集め、五年の歳月を経て昭和二十九年に本堂が建立されました。そして、昭和三十一年に寺号公称を得て「日光山最経寺」となり、法華経守護「井戸田の最上様」と呼ばれ今日にいたります。

寺院情報


小道をすすんだところに最経寺があります。
目印は、最上様の赤い鳥居とのぼり旗です。
御宝前 正面左側には最上位経王大菩薩 
右側には三光天王 八大竜王 鬼子母神 
ほほえみ菩薩をおまつりしています。

年間行事

正月2日
  新年祝祷会(だるま講)
2月3日
  節分会
3月
    春季彼岸会
4月
    最上位経王大菩薩初午大祭
6月
    岡山最上様団体参拝
8月
    お盆施餓鬼会
11月
   御会式
12月大晦日
年越し参り

月例行事

第3日曜日正午
   報恩信行会
第1火曜日午後1時半
写経の会
            方便品 自我偈 神力偈 観音偈を写経します。
            (お経は半年ごとに変わります。現在は自我偈 9月より神力偈)
浄行日(お掃除の日)
報恩信行会前       

お問い合わせ

サンプル画像

 日光山 最経寺 (にっこうさん さいきょうじ)
 〒467-0835 名古屋市瑞穂区井戸田町4丁目89番地
 住 職  深沢友遠
 修 徒  深沢友延
 電 話  052-841-2077
 交 通  地下鉄名城線 妙音通駅 2番出口より徒歩3分

寺院一覧に戻る          トップページに戻る